instagram Facebook ツイッター
早稲田アカデミー 夏期講演会 in ロンドン
Thu, 06 August 2020

英国ゆるニュース

王室ネタからセレブ、ゴシップ、カルチャーまで

改名の申し立て、もっとも人気の高い名前は……

英国の法律では、生まれたときに付けられた名前を何らかの理由で変えたい場合、本人が16歳以上であれば両親の同意なしに自由に改名できる。では、名前を変えたいと考える人が選ぶ名前は、どんなものだろうか。「デーリー・ミラー」紙が伝えた。

ギフト販売店「GiftsOnline4U」が司法省の調査を分析したところ、改名を希望する人の数は2009年には137人に過ぎなかったが、18年には3550人にもなっていた。そして、改名で最も人気の高い男性名はジェームズで、以下トーマス、ダニエル、ジャックと続く。一方女性名はサラが1番人気で、エマ、ソフィア、シャーロットなど。男女とも伝統的な名前ばかり。改名といっても個性的な名前が欲しいわけではなく、トランスジェンダーで、自認する性別に対して名前に違和感がある人が変更するなどがその理由のようだ。
 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

バナー バナー バナー バナー

コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ