instagram Facebook ツイッター
ロンドン生活便利サイト neconote
Tue, 07 April 2020

英国ゆるニュース

王室ネタからセレブ、ゴシップ、カルチャーまで

バンクシーの新作、バレンタイン・デーに出現するも、またもや上書きされる

14日のバレンタイン・デーに、覆面アーティストのバンクシーが出身地である英西部ブリストルに新作を描いたが、2日と経たずして、無常にもセンスのない落書きが上書きされた。BBC他各紙が伝えた。

ブリストル西部バートン・ヒルの一角に残されたこの作品は、スリングショット(Y字型のぱちんこ)を打った瞬間の少女と、その玉がさく裂する様子をスプレーで赤く塗ったツタと造花を使って表現した3Dアートとなっている。バンクシーが自身のインスタグラムにこれを投稿したのはバレンタイン・デーの深夜。描かれた建物の所有者の娘であるケリー・ウッドラフさんは、「バレンタイン・デーに花を使った作品なんてすごい、信じられない!」と興奮を隠せないようだった。しかしながら、作品が出現したわずか48時間の間に、何者かによって作品の上からショッキング・ピンク色で文字が上書きされてしまう事態に。近隣の住民もショックを隠せないようだった。
 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Banksy (@banksy) on

落書きされる前の様子
 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

ロンドン生活便利サイト neconote
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ