instagram Facebook ツイッター
バナー
Mon, 25 May 2020

英国ゆるニュース

王室ネタからセレブ、ゴシップ、カルチャーまで

ポール・ダンスを教える警官にモデル兼務の消防士

副業を持つロンドン市民の数が、過去10年で50%増えていることが分かった。「イブニング・スタンダード」紙が報じた。

 同紙によると、家計をやりくりするため、ロンドン市内では約15万人が副業を持っている。そのうちの1万人は、低賃金が問題となっている社会福祉への従事者が占めるという。

 また給与はさほど悪くないものの、警官の10人に一人が副業を持っており、牧師、ポール・ダンスの講師、護身術の指導者などとしても活動。さらには消防士の3分の1が経理やモデルなどの仕事を同時にこなしている。
 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ