ニュースダイジェストの制作業務
Sun, 14 April 2024

テニスのウィンブルドン選手権でのクルム伊達選手

She handed out a lesson
彼女はテニスのレッスンを提供した

「インディペンデント」紙 6月25日付

今大会の最年長選手である42歳の彼女は、ドイツのカリナ・ビットヘフト選手にショットの打ち方などについてのレッスンを提供した。この試合を「高齢者と若き女性の対決」と呼んでは無礼になるだろうが、わずか45分以内で決着させた彼女の無慈悲なまでの勝利に対しては、あらゆる場所における40代が快哉を叫んだであろう。決して理想的な試合会場とは言えない第14コートに詰め掛けた観客の大多数を占める日本人 ファンも実にうれしそうにしていた。クルム伊達が会場入りした瞬間には、まるでホームのような大声援が起きたのである。

One of the most inspiring stories
今大会における最も感動的な物語の一つ

「インディペンデント」紙 6月27日付

警備員がほぼ連行するような形で退場を促さなければ、彼女は今でも第12コートでサインや写真撮影に応じていたのかもしれない。東京からやって来た輝かしき42歳は、約100人の観客にもみくちゃにされていたからだ。クルム伊達の躍進は、今大会における最も感動的な物語の一つである。彼女はいつも大事な局面でポイントを得る。ルーマニアのアレクサンドラ・カダントゥ選手を下した試合の第2セットでは、ラケットを右手から左手に持ち替えてウィニング・ショットを決める場面も見られた。彼女のネット・プレーは直感的かつ的確だった。

他にもこんな報道が……

日本で流行の「眼球なめ」
「デーリー・テレグラフ」紙 6月17日

日本の若者の間で「眼球なめ」という奇妙な行為が流行していると報道。この流行が原因となってものもらいなどを患う者が増えており、眼帯を着用する学生が続出と報じている。

米兵を入店拒否する沖縄の風俗店
「インディペンデント」紙 6月17日

橋下大阪市長が米軍に風俗業活用を求める発言を行い多方面から非難を浴びたことを受けてのレポート。実際のところ、沖縄の風俗店はトラブル多発のため米兵の入店を拒否しているところが多いと伝えている。

英国で広まる日本の「かわいい」
「デーリー・メール」紙 6月18日

英国における日本の「かわいい」文化の広まりについて。「ピンク色の髪の毛またはキティちゃん姿をした女の子を多数見かけることがあったら、それは日本のかわいい文化の影響である」とも。

アジアのパス名人となるか
BBC Online News 6月20日

サッカーのコンフェデレーションズ・カップでイタリアに惜敗した日本代表について、敵陣にて349本のパスがあったと評価。本大会でこの数字を上回るのはスペインだけであるとして、日本を「アジアのパス名人となるか?」と評した。

外来語の濫用で精神的苦痛
BBC Online News 6月27日

外来語の濫用で精神的苦痛を受けたとして71歳の日本人男性が慰謝料を求めてNHKを提訴したと伝えた上で、英語においても、ドイツ語から借用した「kindergarten(幼稚園)」、フランス語の「café(カフェ)」、日本語の「haiku(俳句)」などの外来語があると紹介。
 
  • Facebook

24時間365日、安心のサービス ロンドン医療センター お引越しはコヤナギワールドワイド Sakura Dental Dr 伊藤クリニック, 020 7637 5560, 96 Harley Street

JRpass bloomsbury-solutions-square

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
ロンドン・レストランガイド
ブログ