ロンドンのゲストハウス
Tue, 20 February 2018

英国発ニュース

労働党「影の財務相」: 産業の再国有化、無コストで実現可能

 (ロンドン 2月12日 時事)野党第1党・労働党で「影の財務相」を務めるジョン・マクドネル議員は10日、BBC放送のラジオ番組で、同党が公約に掲げる産業の再国有化について「コストはかからない」と述べ、納税者に新たな負担をかけることなく実現できると主張した。

 同党は、サッチャー保守党政権以降に民営化された鉄道、郵便などの公共サービス関連企業を再び国の所有に戻す案を提唱。国が現在の株主から株式を引き受け、対価として国債を交付する考えだ。マクドネル氏は「資産を買うために(国が)借金を行うわけであり、その資産が水道会社のように利益を生んでいるときは借り入れコストを賄うことができる」と持論を展開。また、国有化すれば配当が不要になり、より効率的な経営ができると訴えた。

 ただ同氏は、国債増発に伴う国の財政悪化や信用力の低下、海外への資本逃避、金利上昇に伴う国や企業の利払い費増加などの「コスト」が生じる可能性には言及しなかった。
 
  • Facebook

1500号記念・読者プレゼント!
キャリアコネクションズ 習い事&スクールガイド
バナー バナー

日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが受賞いたしました!
暮らしの手引き ロンドン・レストラン・ガイドブログJapan Digestゲンダイゲストハウスライター&翻訳者募集

UK便利ガイド検索

カテゴリ選択
City / County
エリア