ロンドンのゲストハウス
Sat, 25 November 2017

英国発ニュース

欧州経済団体、メイ首相に交渉決裂回避求める-EU離脱で

 (ロンドン 11月14日時事)メイ首相は13日、英国を含む欧州連合(EU)諸国の経済団体代表団を首相官邸に招き、EU離脱問題を話し合う会合を開いた。代表団は離脱後もほぼ現状通り経済活動を維持できる「移行期間」の確保と交渉決裂の回避を要請し、首相も移行期間の合意を目指す考えを強調した。ロイター通信によると、首相は英政府の離脱方針への支持や事業拠点の英国残留なども求めたという。

 離脱交渉で英国に有利な合意を得られる展望が見えない中、メイ政権は6月の解散総選挙の敗北で「自爆」し、機能不全に陥っている。強硬離脱派と穏健離脱派の内部対立も深刻で、企業側は英国がEUと何の合意もできないまま無秩序な離脱を迫られ、経済が混乱に陥る事態を強く懸念している。

 会合にはEU諸国の経済団体で作る組織「ビジネスヨーロッパ」加盟の15団体が参加。英産業連盟(CBI)のほか、ドイツやフランス、イタリア、スペイン、チェコなどの経済団体幹部も同席した。英政府側はメイ首相のほか、デービスEU離脱担当相やクラーク民間企業相らが応対した。ビジネスヨーロッパのマルセガグリア会長は「経済界は断崖絶壁から落ちる事態を回避したいと考えており、英国が関税同盟と単一市場に残る形の『現状維持に近い』移行期間の合意を求めている」とコメントした。
 
  • Facebook

2018年 カレンダー販売
バナー キャリアコネクションズ 習い事&スクールガイド ヘルス&ビューティーガイド
バナー バナー

暮らしの手引き ロンドン・レストラン・ガイドブログJapan Digestゲンダイゲストハウスライター&翻訳者募集

UK便利ガイド検索

カテゴリ選択
City / County
エリア