instagram Facebook ツイッター
ロンドン生活便利サイト neconote
Tue, 22 October 2019

本当に使える会計

経営において会計は身を守る防具だけでなく、勝ち抜くための武器にもなります。英国日系企業の経営者が知っておきたい会計トピックを、会計のプロが分かりやすく解説。

第4回 会計監査: 計画と実地調査、報告

今回は、英国での会計監査と監査プロセスを効率的で効果的なものにするための方法を説明しましょう。

実際の会計監査は、通常、
①計画
②実施調査(つまりは証拠収集のこと)
③報告
の3つからなっています。

計画

始めに、監査人は依頼人と会合を開いて監査の範囲や目的を話し合います。この話し合いで監査人はリスクのある分野を明確にし、懸念がある問題点や分野を取り上げます。また見直しが必要な監査の分野を見極め、戦略的な目的を書き出してリスクと管理について協議します。監査人のために必要な情報を集めてくれる従業員を決めておけば、監査人にとっては大変助かります。

会合は定期的に開くことが大切です。会合はコミュニケーションを促進し、問題を素早く解決し、誤解を招きそうな点を浮き彫りにするのに役立ちます。監査人が入手した情報は、依頼人についての関連情報とともに依頼人のビジネスの全体像を把握するのに使われます。こうした情報には予算や業績見通し、戦略計画、前年度の監査調書などがあります。

この後、すべての情報を用いてビジネスのリスクと管理について初期評価を行い、監査プログラムを用意します。監査プログラムとは内部監査文書や監査調書の一式で、実施する監査業務の詳細を示したものです。

実地調査

会計監査の実地調査では、計画の段階で明らかになったリスクを依頼人が上手に管理する方法やリスク管理の内容を決めることが中心となります。実地調査には、経営陣や従業員との話し合い、文書や取引を分析的に見直すことなどが含まれます。監査人は実地調査の後、上層部と話し合うために調査で判明した重要な点を一覧にまとめます。また、実地調査を終了する前に依頼人と重要な問題について話し合います。

報告

実地調査がすべて終われば、監査報告書の草稿をまとめて監査調書の見直しを行います。最終会合では、監査で判明した点や結論、勧告といった報告書の草稿をまとめるのに必要な点を示します。そして法定財務諸表、またはその他報告に必要な財務情報を最終的にまとめる段階で監査報告の最終版を作成します。

依頼人は監査人を助けて監査プロセスを順調に進めるため、定めた手順を実施して適切な行動をとることが必要です。その際に重要となるポイントを列挙します。

  • 会計監査計画の会合を会計年度末の前に開く。
  • 年度末の棚卸しの日程と手続きを早めに確認する。
  • 年度末の前に内部での在庫検査を終わらせる。
  • 年度末の前に取引回覧文書やその他の確認書を取引先に 送付する。
  • 日程や分析に必要なリストについて早めに合意しておく。
  • 会計年度中のビジネスの変更や進展について監査人が評価できるように情報を提供する。
  • 年度末の会計簿をすぐに締め、取引台帳を調べて確認し、在庫と生産途中の仕掛け品を更新し、見越し金額と前払い金を算入しておく。
  • 内部の締め切りを守り、監査人にもこれを守ってもらう。
  • 情報を求められたら情報提供で妥当な手順を踏む。
  • 監査する材料の最終的な調整について早めに合意する。

以上のようなステップを踏めば、監査プロセスは効率的で 経営において会計は身を守る防具だけでな効果的となります。

トニー・サイアン トニー・サイアン
パートナー
監査パートナー。日系企業など国際ビジネスの監査を長年にわたり担当。日本カルチャーへの理解から、迅速かつきめ細かい対応とアドバイスに定評がある。アーセナルの大ファン。

 

パートナー陣

  • 会計パートナー陣スティーブン
  • 会計パートナー陣ポール
  • 会計パートナー陣ニック
  • 会計パートナー陣ジョン
  • 会計パートナー陣イアン
  • 会計パートナー陣シャロン
  • 会計パートナー陣祐介

当記事はあくまでも一般的な情報を提供する目的で作成されており、専門的なアドバイスを目的としたものではない為、これを受けての対応は独自の責任の下で行ってください。
正式なアドバイスは、全体的且つ詳細状況を把握した上にのみに提供される必要があります。また、ここに記載の情報は、執筆当時において最も正確なものとして提供を行っています。
更なる情報やアドバイスをお求めの場合、別途下記までご連絡ください。

グリーンバック・アラン LLP
「日系に強い会計事務所」として長年にわたり多くの日系クライアントに、会計、監査、税務、各種アドバイスから経理業務まで幅広いサービスを提供。迅速かつ的確な対応をお約束いたします。日系部署が、窓口から実務まで日本語にてサポート。

グリーンバック・アラン LLPGreenback Alan LLP
11 Raven Wharf, Lafone Street
London SE1 2LR
Tel: 020-7403-5959
Email: jonf@gballp.com(日本語)
Website: www.gballp.com
  • Facebook

治験参加者募集エイチエムアール
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ