instagram Facebook ツイッター
ロンドン生活便利サイト neconote
Sat, 24 August 2019

本当に使える会計

経営において会計は身を守る防具だけでなく、勝ち抜くための武器にもなります。英国日系企業の経営者が知っておきたい会計トピックを、会計のプロが分かりやすく解説。

小企業の財務報告に対する改正

小企業向けの会計ルールが来年にはなくなるようですが、当社には影響がありますか。当社は日本にある大手グループの小規模な英国子会社です。

はい。2013年の欧州連合(EU)会計指令に沿って、英国では会計の枠組み全体の見直しが行われている最中です。次の段階は、最も小規模な零細企業を含む小企業の会計ルールの変更。また企業規模の選別基準も変更され、小企業や零細企業として適格と見なされる企業が増えます。ただ会計基準を定める英国財務報告評議会(FRC)は、2月に本提案に関する諮問を開始しており、まだ内容は固まっていません。

当社は小企業や零細企業に該当するのでしょうか。

零細企業に該当するのは、売上高が63万2000ポンド(約1億1300万円)以下、総資産額が31万6000ポンド以下、平均従業員数が10人以下という3つの基準のうち2つを満たしている企業です。また一部の企業は基準の変更内容に関わらず、零細企業には該当しません。特に連結子会社及び英国やEUで金融機関や上場企業を抱えるグループ内の企業がこうした一部の企業に当たります。

小企業にも同様のルールがあり、売上高が1020万ポンド、総資産額が510万ポンド、平均従業員数が50人以下というのが3つの基準になります。零細企業と違って連結子会社も適格となりますが、英国やEUで金融機関や上場企業を抱えるグループ内の企業は例外です。

この新しい小企業の基準は監査の免除にも適用されますか。

いいえ。財務報告と監査免除に関する小企業の基準は数年前に統一されたばかりですが、再び別々になる予定です。よって、監査免除の基準は引き上げられません。また監査に関する基準は、その子会社が連結会社であるかどうかに関係なく、全グループに適用されることを忘れないでください。

重要な改正点はどういったものでしょうか。

主な改正点は次の通りです。

  • 零細企業も小企業もキャッシュ・フロー計算書や実現損益書を作成する必要はない。零細企業では、貸借対照表や損益計算書に示す情報も簡略化される。そのほかの開示も限定される。
  • 零細企業では資産の再評価はないため、以前の再評価利得は移行時では除く必要がある。小企業は再評価損益を剰余金に直接計上するのではなく、損益計算書で計上しなければならない。
  • 小企業は、オプション取引やスワップ取引、先物契約などの金融商品については詳しく報告する必要がある。
  • 零細企業では、会計方針の選択肢がすべてなくなり、一部の取引については会計処理が簡素化される。繰延税金や株式報酬を報告する必要はない。
  • 零細企業と小企業が使用する用語は、以前にも本欄で説明したように、新しい用語に変更される。例えば貸借対照表はbalance sheetではなくstatement of financial position、在庫はstocksではなくinventoriesになる。

新しいルールはいつから導入されますか。

諮問期間は4月30日に終了し、FRCは2015年7月に最終的な基準と改正を発行する見込みです。この基準は2016年1月1日以降に始まる会計年度に適用されますが、一部の企業では新基準を早期に適用し、2015年1月1日以降に始まる会計年度からとする方が良い場合もあります。同様に商業上や管理上の理由あるいはそのほかの理由から、簡素化したルールを適用するより、もっと包括的な規則を用いることを選ぶ企業もあるかもしれません。

john2 ジョン・フィッシャー
パートナー
Ernst & Young、野村證券を経てグリーンバック・アランへ。会計技術はもちろん、高度なビジネス日本語を操り、日系顧客から大きな信頼を寄せられる。日本語スピーチコンテストでは2年連続入賞。

 

パートナー陣

  • 会計パートナー陣スティーブン
  • 会計パートナー陣ポール
  • 会計パートナー陣ニック
  • 会計パートナー陣ジョン
  • 会計パートナー陣イアン
  • 会計パートナー陣シャロン
  • 会計パートナー陣祐介

当記事はあくまでも一般的な情報を提供する目的で作成されており、専門的なアドバイスを目的としたものではない為、これを受けての対応は独自の責任の下で行ってください。
正式なアドバイスは、全体的且つ詳細状況を把握した上にのみに提供される必要があります。また、ここに記載の情報は、執筆当時において最も正確なものとして提供を行っています。
更なる情報やアドバイスをお求めの場合、別途下記までご連絡ください。

グリーンバック・アラン LLP
「日系に強い会計事務所」として長年にわたり多くの日系クライアントに、会計、監査、税務、各種アドバイスから経理業務まで幅広いサービスを提供。迅速かつ的確な対応をお約束いたします。日系部署が、窓口から実務まで日本語にてサポート。

グリーンバック・アラン LLPGreenback Alan LLP
11 Raven Wharf, Lafone Street
London SE1 2LR
Tel: 020-7403-5959
Email: jonf@gballp.com(日本語)
Website: www.gballp.com
  • Facebook

キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

英国・ドイツニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト 2019 ロンドン・レストランガイド ブログ