instagram Facebook ツイッター
ロンドンのゲストハウス
Sat, 24 August 2019

本当に使える会計

経営において会計は身を守る防具だけでなく、勝ち抜くための武器にもなります。英国日系企業の経営者が知っておきたい会計トピックを、会計のプロが分かりやすく解説。

第55回: グループ企業の監査

我が社は日本企業の英国子会社です。現在、年次監査を進めていますが、監査人はほかにもグループ企業の監査に関する業務も行っています。なぜですか。

英国子会社の財務情報を本社に報告すれば、それはグループ企業全体の連結決算に含まれます。連結決算の監査人が英国子会社の監査業務を実施する場合もありますが、英国子会社の監査人に財務情報を提出するよう依頼する方がずっと効率的です。

それでは、追加業務は報告書をまとめて提出することだけですか。

そうではありません。グループの監査人は子会社の監査人に詳細な指示書を送って具体的に提出物を求め、場合によっては追加の監査手続きを実施するよう要請します。子会社の監査人は作成する報告書に責任を持つため、その根拠を明確にする作業が必要です。

これは法定監査の監査人としての義務ではないわけですか。

監査人の義務は子会社の財務諸表に関して子会社の株主に報告することで、連結決算のためグループ本社向けに作成する情報に関してグループの監査人に報告することは義務ではありません。

グループの監査人と子会社の監査人の間につながりがあれば、もっと簡単になるわけですか。

必ずしもそうではありません。監査人同士が同じ国際的な監査法人の傘下にあっても、全く別々の監査人であっても、状況は基本的に同じです。

本社に連結のデータを提出する前に、我が社の監査人には数字に変更が出ないよう確認してもらう必要がありますが、本社への提出期限が非常に厳しいものになっています。

子会社の監査人は通常、現場での作業が終了した段階で、子会社の経営陣に対して監査の主要作業が適切に進捗した旨を報告できるようにアレンジします。グループの監査人に対して正式の報告書を提出する期限は、かなり後になる場合があります。

監査人が連結用の数字で同意していたのに、子会社の決算用に数字を変更しなければならないと言っていました。これはなぜですか。

監査人は最低線の基準値を定め、それを下回れば相違点を調整するほどの重要性はないとみなします。この基準値は、監査を受ける企業の規模及びそのほかの要因によって変わります。通常はグループ企業の監査向けに定めた基準値は子会社の法定監査での基準値よりもかなり緩くなるため、連結決算では調整の必要がなくても子会社のレベルでは調整が必要となる場合があります。

早い段階で問題を提起すれば、優れた監査法人はこの問題を考慮に入れます。

子会社である我が社は英国会計基準(UK GAAP)を利用していますが、連結決算は日本の会計基準に従っています。子会社の監査人は、連結の数字について報告書を提出できますか。

グループの監査人は、子会社の監査人が関連する相違点を確実に認識し、グループ企業の会計フレームワークを十分に理解して必要な報告書を作成できるようにする必要があります。ただし、会計フレームワークは世界的に収斂(しゅうれん)していくため、今後はこの問題は減っていくと思います。

ニック・ニコラウ ジョン・フィッシャー
パートナー
Ernst & Young、野村證券を経てグリーンバック・アランへ。会計技術はもちろん、高度なビジネス日本語を操り、日系顧客から大きな信頼を寄せられる。日本語スピーチコンテストでは2年連続入賞。

 

パートナー陣

  • 会計パートナー陣スティーブン
  • 会計パートナー陣ポール
  • 会計パートナー陣ニック
  • 会計パートナー陣ジョン
  • 会計パートナー陣イアン
  • 会計パートナー陣シャロン
  • 会計パートナー陣祐介

当記事はあくまでも一般的な情報を提供する目的で作成されており、専門的なアドバイスを目的としたものではない為、これを受けての対応は独自の責任の下で行ってください。
正式なアドバイスは、全体的且つ詳細状況を把握した上にのみに提供される必要があります。また、ここに記載の情報は、執筆当時において最も正確なものとして提供を行っています。
更なる情報やアドバイスをお求めの場合、別途下記までご連絡ください。

グリーンバック・アラン LLP
「日系に強い会計事務所」として長年にわたり多くの日系クライアントに、会計、監査、税務、各種アドバイスから経理業務まで幅広いサービスを提供。迅速かつ的確な対応をお約束いたします。日系部署が、窓口から実務まで日本語にてサポート。

グリーンバック・アラン LLPGreenback Alan LLP
11 Raven Wharf, Lafone Street
London SE1 2LR
Tel: 020-7403-5959
Email: jonf@gballp.com(日本語)
Website: www.gballp.com
  • Facebook

キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

英国・ドイツニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト 2019 ロンドン・レストランガイド ブログ