バナー
Thu, 19 October 2017

ニュースダイジェストのスタッフが挑戦!
魅力を引き出す写真術[前編]

フォトコンテスト

今年も英国・ドイツニュースダイジェストが主催するフォトコンテストの応募受付が始まりました。毎年多くの応募をいただく本コンテストを前に、メインスポンサーであるキヤノンヨーロッパの審査員の協力のもと、ニュースダイジェストのスタッフが写真撮影に挑戦しました。今回は、私たちが撮った写真を基に、ひと手間をかけてより良い写真にするためのヒントを、2回に分けてお伝えします。

より良い写真を撮るヒント

画像をマウスでスライドして比較してください

TIP
1

余計なものは画面から排除

BEFORE タイトル「夕暮れの川沿い」
BEFORE タイトル「夕暮れの川沿い」

タイトル「夕暮れの川沿い」

審査員からのコメント
おそらく橋のほぼ真ん中で撮影された写真で、写真自体は決して悪くはありません。ただ一点、写真の景観を損ねているものが写っていることに気が付くでしょうか? 写真の左端にある黄色の建物です。これを下写真のようにトリミングすれば、川とボート、両端の歩道などを妨げるものがなくなり、写真自体の存在感が増します。また、伝えたい部分もより大きく見えるので、ボートやライトの色も目立つようになるでしょう。
TIP
2

主役を目立たせよう

BEFORE タイトル 「猫のバブ」
AFTER タイトル 「猫のバブ」

タイトル 「猫のバブ」

審査員からのコメント
この場合はベッドの割合が大きく、真ん中の猫が非常に小さくなり、顔がほとんど見えない状況です。こちらもトリミングすることで、より印象的な写真となるでしょう。撮影時に主役が小さくなってしまうのはありがちなこと。意識して対象に寄って撮ってみるのもアイデアです。また、この写真では、赤いブランケットが唯一の色になっていますので、トリミング後にも残しておくのもよいかもしれませんね。
TIP
3

撮影する位置やアングルを工夫

BEFORE タイトル「 ピクニック」
AFTER タイトル「 ピクニック」

タイトル「 ピクニック」

審査員からのコメント
写真を撮る際に、そのままの立ち位置で撮ることが多いと思います。しかし、この写真の場合、ぐっとかがみ、花にもっと寄って、花と同じ目線で撮影をすれば、花の印象が非常に強くなります。写真全体が色で溢れ、香りまでも感じられそうな写真になるでしょう。現状では、 背景にある深緑の垣根が花のイメージの妨げになっています。白いチューリップを、赤いチューリップに対して強調するような撮影方法もあります。

今回のTIP!

  1. 少しのトリミングで、印象が大きく変わります。応募前にひと手間を。
  2. 主役を目立たせることで、写真をより印象的に。写真の中で何を一番目立たせたいのか明確に。
  3. 撮影する位置やアングルに工夫を。被写体に寄る、位置を合わせる、背景に被写体の妨げとなる ものを入れないなどの工夫を。
 
  • Facebook

日本タウン誌・フリーペーパー大賞 英国ニュースダイジェストへの投票をお願いいたします! 企画営業・ライター・翻訳者募集中
バナー キャリアコネクションズ 習い事&スクールガイド ヘルス&ビューティーガイド
バナー バナー